慰謝料以外にも掛かる費用がある

交通事故の慰謝料は高額になる場合が多くあります。裁判になった場合は3億円を超える損害額となったケースもあり、任意保険に加入していない場合は支払いが難しくなりますので注意しなければなりません。損害額は遺失利益や慰謝料が主な中身になり、遺失利益は被害者が健康に生活をしていた場合において、本来得られたであろう稼得利益を計算した金額で、慰謝料とは、逸失利益とは別に精神的苦痛に対して支払われるべき金額です。 また、後遺障害があった場合にも遺失利益や慰謝料が発生することになり、死亡事故よりも高額になるケースが多いです。後遺障害の場合は重度であれば半永久的に障害が残る状態が続きますから、本人やその親族、介護をする人に到るまで精神的にも肉体的にも苦痛を味わうことになります。そのため、死亡事故よりも高額になることが多いのです。 慰謝料は精神的なダメージに対して支払われるお金であり、大きな事故であれば高額になりますが、慰謝料以外にもこのような損害賠償や、他にも休業損害や入通院費の費用も掛かります。そのため、任意保険に加入していないのであれば支払いが不可能になるかもしれませんので、任意保険の加入は必要です。

Copyright(c) 2011 交通事故慰謝料事典. All Rights Reserved.